HOME>トピックス>自分の業務内容で人の安全や安心をキープする

目次

求人が多数ある

警備員

警備員の仕事には、プロのボディーガードから気軽にバイトで働くことができる工事現場の警備員まで様々な種類があり、求人広告でも頻繁に募集されている職種です。バイトの求人では年齢や性別を問わず、資格も必要無いため応募もしやすくなっています。

人を守る仕事

工事現場の警備員のバイトは車や歩行者の誘導が主な業務で、各種施設では巡回や監視、道案内などを行います。共通しているのは一般市民や利用者の安全を守ることで、その姿勢や態度が問われるためクレーム対応をすることもあります。

必要とされる能力は

現場や業務内容によって就業時間は異なりますが、警備員は立ちっぱなしで業務を行うので体力が必要です。また、誘導やクレーム対応では人とのコミュニケーション能力も求められるため、体力に自信があり、人と接することが苦にならない方には警備員のバイトは向いているでしょう。なお、任務に当たる前には研修も受けるので、これと言った準備は必要ありませんが、夜勤のバイトをする時は生活のリズムが崩れないように注意します。