HOME>オススメ情報>若者や女性が活躍している警備の仕事は気軽に働けるのが魅力

自分に合った内容の仕事を見つけよう

警備員

警備員のバイトといえば高齢者が多いイメージがあるかもしれませんが、現在は事情が大きく変わってきており、若者や女性などが数多く入職しています。警備員の仕事は、特別な資格がなくても働けるのが特徴で、条件なしと記載している求人案件もあるほどです。相乗りシステムを導入している会社であれば、クルマの免許を所有していなくても採用してもらえる確率が高いです。施設警備や巡回警備は身体への負担が軽いため、60代以上の人が大勢活躍しています。交通誘導や駐車場警備などは外仕事になるのが一般的なので、向き不向きがハッキリしています。警備員といっても仕事内容は多岐にわたるため、仕事の内容と適性をよく調べてから決めましょう。

求人案件が豊富にある理由

警備員

警備員のバイトで募集数が多いのは交通誘導で、年間を通して募集されています。交通誘導は工事現場の警備をするのが仕事で、公共事業の予算が多い年度は仕事が増えるという特徴があります。警備会社は突発的な注文に対応するため、多めに人員を確保したいと考えているところが多いです。そのため求人案件の採用率が高く、学歴や過去の職歴などはあまり重視されません。ちょっとお小遣いがほしい、3か月だけ働きたい、といった状況で便利なバイトです。